お申し込みや請求について

  • トレーニングサービスの申し込み方法を教えてください。【答:原則当ページよりオンラインでお申し込みください。エラーが出る場合は、臨時フォームを使用してお申込みいただけますが、その場合は、オンライン上で該当のコース・日程が有効であるか確認してください。メールや電話での予約は承っていません。なお、講師主導トレーニングは開始日の1週間以上前のお申し込みが必要です。詳細はこちら

  • トレーニングサービスの申し込みには何が必要ですか?【答:受講される方や請求先の情報が必要です。オンライン申し込み時に登録・指定いただきます。登録後は変更できない場合があるので、送信前によくご確認ください。】
  • 「満席」と表示されていますが、席は用意できませんか?【答:お席をご用意できる場合がありますのでお問い合わせください。なお、日本ではキャンセル待ちは承っておりません。】
  • 前提コースは必ず事前に受講する必要はありますか?【答:受講を強くお勧めします。前提コースを受講されていない場合も同等の知識をお持ちであるものと判断してコースは進行し、前提知識の内容に関するご質問は、他参加者様の受講妨げとなる場合があるので基本的にはお受けできません。なお、全てのコースは、受講者がWindowsの基本操作の知識と担当業務の知識をお持ちであることを前提として設定されています。それぞれ基礎知識となっている部分の解説はできません。コースによってはお申込み時に前提知識を確認させていただいた結果、受講をお断りする場合もあります。】
  • 申し込んだコースの日程変更はできますか?【答:できません。期日までに一度キャンセルし、新たにお申し込みください。】
  • 申し込んだコースの受講者変更はできますか?【答:ご相談ください。講師主導トレーニングに限り、事前準備や運営に支障がなく安全にご受講いただけると弊社にて判断した場合、コース開始前に一度だけ変更を受け付ける場合があります。VLCはアクセス情報・マテリアル送信後はいかなる理由があっても受講者変更はお受けしません。】

  • 申し込んだコースをキャンセルしたいです。【答:講師主導トレーニングに限り、開始日15日前までにオンライン上でキャンセル、またはキャンセル申込書をお送りください。期日以降は、開始日14~7日前のキャンセルで受講料の50%、それ以降は受講料の100%をキャンセル費用として申し受けます。期日はカレンダー通り土日祝祭日、年末年始も含みカウントされます。】
  • 複数コースの請求書を一つに合算できますか?【答:いいえ。承っていません。】
  • 割引はありますか?【答:今後受講予定の教育サービス受講料合計金額が一定額を超える場合、一括前納によりボーナスを付与するお得で便利なプリファードカードプログラムを用意しています。詳細はこちら
  • 支払い方法の種類を教えてください。【答:A.弊社とライセンス契約やパートナー契約を締結されている企業、B.いずれにも該当しないがトレーニングカスタマーとして弊社に会社登録のある企業にご所属の方は、受講開始日以降にご本人様もしくはお申込みの際に指定された請求書送付先へ請求書をメールで送信します。30日以内にSAP指定口座へお振り込みください。プリファードカードをお持ちのお客様は残高からのお引き落としによる受講料への割当が可能になりますので、お申し込み時に指定ください。】
  • 申し込み後すぐに支払期限:即時支払と書かれた請求書を受け取りました。何故ですか?【答:上記記載のABいずれにも該当しない企業に属する方、個人のお客様、ABの企業に属していても本人が費用を負担したい場合は、前払いとなります。お支払いいただくまで予約は保留となり、一定期間お振り込みが確認できない場合は自動キャンセルとなります。お振り込み確認できた後に確認書を送信いたします。】
  • 支払い方法は変更できますか?【答:請求書が発行される前に限り変更できる場合があります。まずはお問い合わせください。請求書発行後は、請求書払いからプリファードカードによるお支払への変更など、いかなる場合もお受けできません。】

  • 領収書の発行はできますか?【答:はい。ご入金後に必要な情報を漏れなく記載のうえメールで依頼ください。1~2週間程でPDF形式の領収書をメール返信にてお送りします。必要な情報とは、S user ID、氏名、連絡先電話番号、サービス種別(右記より選択:クラスルーム or VLCトレーニング・e-learning・Learning Hub・Certification Hub)、コースコード、コース開始日、請求書番号、入金日、領収書宛名、領収書発行言語(右記より選択:日本語・英語)です。なお社印の押印は廃止しました(2021年2月10日現在)。】
  • 各種トレーニングの修了証は発行していますか?【答:いいえ。2018年12月をもって発行サービスは終了しました。再発行も承っていません。】
  • 口座登録書、及びベンダー登録書を記載・提出してほしいです。【答:まずは提出が必要な理由と併せ、登録書をお送りください。基本的に弊社トレーニングセンターでは対応いたしておりませんが、内容確認のうえ必要性があり且つ提出可と判断した場合のみ対応いたします。弊社トレーニングの購入には、弊社の受講規約が適用されるのでお客様の購買/支払条件等記載された登録書の提出は致しかねます。なお社内手続きの関係上、提出にはお時間を要します。】
  • UAP (University Alliance program) の特別Offerはありますか?【答:SAP Certification in the Cloudから受験可能な認定に限り特別Offerがあります。詳細はこちら
  • 参加前にコースの1日毎のカリキュラムを教えてもらえますか?【答:いいえ。参加前に提供可能な情報はWebの詳細ページ記載情報のみです。なおコースの進行は登壇する講師や、ご参加者様、参加人数などによって異なります。】
  • トレーニングに参加する人数は決まっていますが、参加者が決まっていません。参加者人数分の席確保はできますか?【答:いいえ。予約/購入無しに席のみ確保はできません。しかし予約管理者様に特定ロールを付与することにより、管理者様の画面上で、Non name purchase(参加者名不要での予約)が可能です。こちらは通常予約同様、正式予約となりキャンセルポリシーが適用されます。詳細はこちらをご確認ください。】
  • トレーニング受講に際し、助成金を申請したいです。どのような手続きが必要ですか?【答:お客様ご自身にて必要な手続きを確認し申請書類をご用意ください。弊社ではお客様のご参加と支払いの証明のみを行いますので、受講前の申請書類への記入や捺印は承っておりません。トレーニング受講終了し、受講費用のお支払いが完了した後に、お客様ご自身で書類へ必要事項漏れなくご記入いただきメールでご依頼ください。弊社では記載事項に差異がないか確認のうえ電子印を押し返送いたします。なお社内手続きの関係上、提出にはお時間を要します。弊社にてコース内容のご案内や書類記入は一切行っていません。】

 

プリファードカードについて

  • サービス概要を教えてください。【答:今後受講予定の教育サービス受講料合計金額が一定額を超える場合、一括前納によりボーナスを付与するお得で便利なプリファードカードプログラムを用意しています。詳細はこちら

  • 責任者の変更はできますか?【答:はい。現在の責任者より変更を希望される方のIDをご用意のうえメールでご依頼ください。】
  • 責任者は複数設定できますか?【答:いいえ。1つのプリファードカードにつき責任者は1名のみ設定できます。】
  • 管理者はwebshop上で従業員の代理予約をできますか?【答:はい。適切な権限が付与されたアカウントをお持ちのお客様の画面上には、「出席者管理オプション」が表示されます。ただし、管理者と同一のCompany masterに紐づく従業員のみ予約可能です。】
  • 管理者が利用明細を確認する方法を教えてください。【答:こちらをご確認ください。受講確認書が受講者へ送信されてから2.3日反映まで時間がかかる場合があります。】
  • 管理者も受講確認書を受け取れますか?【答:いいえ。管理者には送信されません。利用明細にて受講履歴を確認してください。】

  • 利用明細上にキャンセルしたはずの受講履歴があり、受講費が全額、または半額チャージされています。何故ですか?【答:無償期間を過ぎてからキャンセルした可能性があります。受講生に確認してください。受講規約はこちら。】

  • 予約手続き中にプリファードカードを入力するとエラーが出て先に進めません。【答:残高が不足している可能性があるので管理者に確認してください。残高が十分にある場合はシステム不具合の可能性がありますのでお問い合わせください。】
  • 誤って請求書払いを選択してしまいました。プリファードカード払いに変更できますか?【答:請求書が発行される前に限り変更できる場合があります。まずはお問い合わせください。請求書発行後は、請求書払いからプリファードカードによるお支払への変更など、いかなる場合もお受けできません。】
  • プリファードカードを追加購入したいです。【答:弊社営業担当へご連絡ください。またはお問い合わせください。】
  • 残高内で購入可能なコースがありません。どのように残高を全て消化できますか。【答:残高+追加費用をお支払いいただけば全ての残高を消化いただけます。webshopでは残高不足エラーとなるので、臨時フォームで予約いただきその旨を備考欄にてお知らせください。またはお問い合わせください。追加費用は請求書をメールで送信するので、期日までにお支払いください。】
  • 全てのトレーニングサービスの支払いに使用できますか?【答:いいえ。一部購入に使用できないサービスもあります。管理者、及びプリファードカード契約時の規約を確認してください。なお最新の規約はこちらより確認いただけます。】

講師主導: SAP Live Classについて

  • SAP Live Classとは何ですか? 【答:VLC(Virtual Live Classとも呼ばれ、クラスルームと同様のトレーニングサービスをオンラインで受けられる提供方法です。詳細はこちら
  • アクセスに必要な情報やマテリアルはいつ受け取れますか?【答:コース開始の前週火曜、または水曜にメールで配信されます。なお送信後は受講者変更できません。】
  • ウェブカメラは必須ですか?【答:ご用意がなくても受講はいただけます。ですが、実際のクラスルームトレーニングと同様、講師や他参加者とコミュニケーションを円滑に取れるようウェブカメラの利用を強くお勧めいたします。】

  • 提供言語はどのように確認できますか? 【答:各コース詳細ページで表示されるスケジュールの「言語」にて確認ください。なお、開催時間が9:30-17:00以外のコースは他国がホストカントリーとなります。】
  • 提供言語とは何ですか?【答:講義が進行される言語です。言語:英語は講師がEnglish speakerで日本人ではありません。なお言語:日本語であっても、講義に使用するマテリアルや環境は英語のコースもあります。】
  • 受講したいコースの提供言語が英語しかありません。日本語で受講できませんか?【答:日本語講師の空き状況や、登壇可能な講師が増えた場合など、日本語で提供が可能となったコースは、言語:英語で集客段階であっても、予約者の同意を得て日本語に変更させていただきます。】
  • 受講したいコースの提供言語が英語しかありません。同時通訳や日本語マテリアルの提供などのサービスはありますか?【答:いいえ。ありません。】
  • Citrixダウンロードは有償ですか?【答:いいえ。SAPトレーニングに使用するCitrixは、必ずhttps://access.sap.com/AccessPortalよりインストールしてください。それ以外からのダウンロードは有償となる可能性があります。】
  • 会社で貸与されているPCには制限がかかっておりCitrixをインストールできません。どうしたらいいですか?【答:個人所有のPCを使用してCitrixをインストールし、トレーニングにご参加ください。】
  • Citrixはどこからインストールできますか?【答:https://access.sap.com/AccessPortalへアクセスし、Downloadsをクリックしてインストールしてください。Windowsの場合は1番のnon SAP Equepment onlyを選択してください。】
  • 会社や自宅のWiFiで受講できますか?【答:はい。ご受講はいただけます。ですが、SAP は無線ネットワーク接続を使用したトレーニングの実施をサポートしておりません。無線接続時の接続に関するサポートの問題は全てお客様ご自身にて対処いただく必要があります。無線接続ご利用時に問題が発生した場合、何が起因しているのかSAPでは判断・解決できない為です。無線ネットワーク接続の使用は、お客様にて判断ください。なお、日本の場合は会社でもご自宅でも比較的スピードも安定しておりますのでご受講は可能です。モバイルWiFiやテザリングでもご受講はいただけますが、いずれもネットワーク回線が安定している場所でのご受講をSAPは推奨します。

Certificationについて

  • 試験はどのように受けられますか?【答:全ての試験はオンラインで受験いただきます。まずはCertification Hubを購入してください。期間(12カ月間)中に1回(CER001)、または最大 6 回(CER006)受験可能な2種類のsubscriptionをご用意しています。詳細はこちら
  • トレーニングセンターなど会場で試験は受けられますか?【答:いいえ。オンラインのみです。】
  • 日本語が話せる試験監督はいますか?【答:いいえ。電話、Chatを使用しEnglish Speakerの試験監督とコミュニケーションが必要です。テクニカルサポート等も全て英語です。なお、試験自体は口頭形式ではありません。】
  • 現在受けられる試験が知りたいです。【答:こちらで確認ください。間もなく提供終了予定の試験も確認いただけます。】
  • 試験に不合格となってしまいました。再受験はできますか?【答:はい。同じリリースでは最大3回まで受験できます。】
  • リリースの違いはどのように確認できますか?【答:基本的には認定試験コードの末尾が大きい方が最新リリースです。試験によって異なる場合もあるので、不明な場合はお問い合わせください。】
  • 英語で試験を受けることはできますか?【答:はい。試験当日に言語選択画面で”English”を選択してください。】
  • 名刺に記載する資格の正式な標記を教えてください。【答:こちらで確認ください。】
  • 購入から試験予約までの一連の流れを教えてください。【答:こちらで確認ください。】
  • 認定証は発行してもらえますか?【答:いいえ。2019年5月1日をもちましてSAP Credential Managerを、2019年4月末をもちまして認定証発行(再発行)及びSAP Logoのダウンロードサービスは終了しました。有効な認定資格保持者であることの証明はデジタルバッジをご活用ください。詳細はこちら。】

  • 認定コンサルタント数へのカウントおよび資格更新について教えてください。【答:SAP認定コンサルタント資格はSAPシステムに対する製品認定となるため、製品・リリースに依存しています。(SOA関連認定資格は製品依存認定ではありませんので、カウント対象認定期間はありません)各製品リリースの保守期間(メインストリームメンテナンス期間)に準じ、パートナー別認定コンサルタント数への総認定資格数へのカウント対象認定期間を定めております。メインストリーム期間に関してはSAPリリース方針をご確認ください。】
  • 認定資格データ保持について教えてください。【答:受験時にご同意いただいたNDA記載通り、SAPは、受験者の認定有効期間(最大 10 年間)にわたり、受験者が SAP 認定スペシャリストであることを証明する目的で当データを保管いたします。】
  • SAP Certification HUBの申し込みはキャンセルできますか?【答:いいえ。お申込みと同時に購入確定となり全額費用を申し受けます。】
  • テクニカル要件について教えてください。【答:こちらをご確認ください。】
  • 身分証明書として何が認められていますか?【答:パスポートを1点ご用意ください。パスポートがない場合、名前が英字表記のクレジットカード 1点+政府発行の写真付き身分証明書(運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、外国人登録証明書または 在留カード)1点の、合計2点ご用意ください。いずれも原本且つ有効期限内である必要があります。こちらも併せて確認してください。】
  • 旧姓で受験できますか?【答:はい。しかしパスポートをお持ちの方に限ります。現在有効なパスポート、以前のパスポート、旧姓表記のある運転免許証、保険証等提出いただく必要があります。希望の方はeducation.japan.ssc@sap.com へお問い合わせください。手続きは1週間程時間を要します。】
  • 問い合わせ窓口を教えてください。【答:support@questionmark.comまで英語でお問い合わせください。】
  • Stay Currentについて教えてください。【答:こちらを確認してください。】
  • 試験監督は当日、カメラで何を確認しますか?【答:テスト環境(部屋等)に受験者一人であるか? テーブルにPC以外は置かれていないか? 静かな環境であるか? 携帯電話は電源オフ状態で荷物等の中にしまわれているか? 卓上電話の回線は切断(着信不可の状態)されているか?等カメラで確認します。】
  • 当日、サイトにアクセス/ログインできずに受験できませんでした。受験回数は失われましたか?【答:support@questionmark.comまで英語でお問い合わせください。】
  • 転職した為、現在持っている資格を転職先のCompany masterで取得したS user IDに移行できますか?【答:はい。資格が紐づいているID、e-mailアドレス、お持ちの資格情報、移行先のS user ID等の情報を記載のうえ、education.japan.ssc@sap.comまでご依頼ください。】
  • 英語で受験を予定していますが、不明な単語や文章を辞書等で調べることはできますか?【答:いいえ。試験監督(English speaker)は試験内容に関連のない単語等を調べているのか判断がつきません。いかなる翻訳の為のマテリアルや機器も認められません。試験監督は当日それらを所持していないかカメラで確認します。詳細はこちら。】

講師主導: クラスルームトレーニングについて

  • クラスルームトレーニングとは何ですか? 【答:トレーニング施設で SAP エキスパートから直接対面指導を受けることができる提供方法です。詳細はこちら
  • 現在クラスルームトレーニングのスケジュールが公開されていないのはなぜですか?【答:COVID-19の状況を鑑み提供を停止しています。VLCで同等のトレーニングを受けることができます。詳細はこちら
  • 半日トレーニングのスケジュールが日本で公開されていないのはなぜですか?【答:日本では現在提供していません。】
  • 持参するものはありますか? 【答:筆記用具をお持ちください。】
  • 服装に決まりはありますか?【答:いいえ。規定はありません。ビジネスカジュアルで参加されるお客様が多いです。】
  • 何時から会場に入ることができますか?【答:会場によって異なるのでこちらで確認してください。】
  • 開催時間を教えてください。【答:指定のない限りは9:30~17:00です。コースによって異なる場合があるので受講確認書で確認してください。】
  • 開催場所・提供方法が変更されることはありますか?【答:はい。変更する場合はメールでご連絡します。】

  • 受講者変更はできますか?【答:開始前に限り1度受け付けます。お問い合わせください。開始後や一度参加いただいた後の変更はできません。】
  • コースが終了した後、質問に回答してもらえますか?【答:講義内容に関するご質問はコース開催期間中のみお受け付けいたします。コース終了後にはいかなる理由でも一切お受けできません。】 
  • その他注意点はありますか?【答:講義中はお電話のお取り次ぎはできません。メモによりご伝言をお受けします。講義中の携帯電話等、その他全ての通信機器のご使用は、他ご受講者、および講習の進行の妨げになりますのでご遠慮ください。コース内容を録音録画機器へ記録、撮影することは禁じられております。